新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース

コンサルティングのガイド

2015.09.10
  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.19
  • スケジュールの立て方を考える
  • 中国では日本と違い、新暦と旧暦が入り混じっている形になりますので、スケジュールを立てるときには、日本の休みと中国の休みを両方ケアしていく必要があります。今回はスケジュールの立て方について、考えてみたいと思います。

ビジネスガイド 池田 博明

皆様、こんにちは。マイツグループ上海事務所の池田博明です。

今回はスケジュールの立て方について、考えてみたいと思います。

 

この原稿を作成している、8月20日は中国では七夕に該当します(旧暦の七夕です)。日本と違い、中国では新暦と旧暦が入り混じっている形になりますので、スケジュールを立てるときには、日本の休みと中国の休みを両方ケアしていく必要があります。企業方針として、日本の休みに合わせるのか、中国の休みに合わせるのかをしっかり事前に考えておく必要があります。また中国では大型連休が2回ありますが(国慶節、春節)、国慶節の方は10月1日からと覚えやすいのですが、春節が旧暦にあわせている為、今年は1月に休みが来る、来年は2月に休みが来るといったように、毎年変動するので確認が必要になります。

 

また、中国の連休は大型連休、3連休を含め、休みの前後の、土日が出勤日になる事が多く、今年のように、急にこの日を休日にするというような通達が出る事もありますので、注意が必要です。

 

さて、前置きが長くなりましたが、スケジュールを立てる上で、気をつけなければならないのは中国へ出向している駐在員などが、休暇で日本に帰国する場合です。この時に本社に呼ばれ、本社へ出社される方も多いのではないでしょうか。

 

厳密に言うと、この場合も出勤とみなされるため、日本に個人所得税の課税権が発生すると考えられますので注意が必要です。(1日だけの出社であれば1日分だけです。)

 

かといって、本社から出社命令を受けたら、出社しない訳にも行かないのが海外駐在員の悲しい所ですが、上記以外にも、休日に出社している事になりますので、休みが少ない→健康管理は大丈夫か?という事にもなります。この場合、過労で倒れたりすると会社に「安全配慮義務違反」が科せられる可能性がありますので、十分注意が必要です。

 

また、一日のスケジュールはある程度、朝一番に立ててしまうのが良いです。経営者ですと、突発的事項が発生して、スケジュール通りにこなせない事も多々あるかと思いますが、それでも朝にスケジュールを立てておくと、無駄な時間を作る事がないので、お勧めです。

 

私もたまにやりますが、秘書をつけているのであれば、とりあえず「やる事リスト」を作っておいて貰うのも良い方法かと思います。経営者の方は書類や決裁などが多く回ってきますので、処理する順番を決めるのにも役立ちます。

 

最後に、定期的に、頭の中にあるやりたい事、やるべき事を一度全て紙に書き出してみるのも良い方法だと思っています。その上で、これはやる、これはやらない、やるのであれば何時までに誰がやる、といったように整理すると、頭の中がきれいに整理できます。

 

弊社では、経営者の方から話を聞きながら、考えを整理して提出するといったような経営支援もしております。一度、この機会にご自身のスケジュールの立て方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい