新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース

コンサルティングのガイド

2016.03.25
  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.26
  • 海外で働く心構えを考える
  • 「海外で働く」と聞くと、響きは良いのですが、実際に来てみると言語、習慣、考え方、仕事内容・・・日本にいた時とはがらりと代わり、戸惑われる方も多いのではないでしょうか。
    今回は海外で働く心構えについて考えてみたいと思います。

ビジネスガイド 池田 博明


皆様、こんにちは。マイツグループ上海事務所の池田博明です。


この時期は、新たに海外赴任される方や、赴任者を迎える立場の方もいらっしゃると思います。
「海外で働く」と聞くと、響きは良いのですが、実際に来てみると言語、習慣、考え方、仕事内容・・・日本にいた時とはがらりと代わり、戸惑われる方も多いのではないでしょうか。
今回は海外で働く心構えについて考えてみたいと思います。
私よりも海外生活が長い先輩方も多くいらっしゃいますが、私自身も海外生活が14年目に入りましたので、今までの経験から、アドバイスをいくつか紹介できればと思います。


(1)自分は外国人である事を肝に銘じ、日本流にこだわりすぎず、適応する努力をする


一歩日本を出たら、自分が外国人である事を意識してください。
郷に入れば郷に従え(中国語では入乡随乡rù xiāng suí xiāng)ということわざが有りますが、海外においてはまずその国の習慣や、やりかたを理解する事が非常に重要です。
今までの日本にいた時の、自分の価値観や考え方にこだわりすぎては、海外生活に適応できません。
初めはスーパーで買い物をした時に、レジで無表情に商品のバーコードをスキャン、レジ袋もくれず、おつりを投げるように台の上に置く店員の対応に戸惑いました。
この時、「なんて無愛想でサービス精神に欠ける民族なんだ!」と日本と比較するのではなく、なぜこのような行動をとるのか、その背景を知ろうとする事が、適応への第一歩です。
このような行動にも、背景にはもともと中国では配給制度があったため、商品を買う側ではなく、提供する側の方が立場が上との考え方があります。日本では、お客様は神様だという言葉に表されるように、お客様の立場が上との考え方がありますので、もともとの考え方が違うことになります。(どちらが良いのかは一考の余地があると思いますが)


他にも、中国で最も取り上げられる例としては、現地スタッフに対して、業務上の指導や叱責を事務所内で行うと、受け入れられず、徐々に関係が悪化、結果社内の雰囲気が悪くなってしまうということもあります。(中国では面子を重視しています) 日本のマニュアルや規則をそのまま中国語に翻訳し、運用されているという話も耳にしますが、運用前に現地に合わせてアレンジを加えられる事をおすすめします。


(2)現地の言語を学ぶ


通訳や日本語が流暢なスタッフがいれば業務上支障がない場合もあるかもしれませんが、やはり言葉の壁というハンディキャップがない方が、現地の人とのコミュニケーションも活発になり、スタッフとの距離も縮まります。
始めは、すらすらと上手く話せなくても、挨拶のみからでも構いません。
現地の言葉で一生懸命相手に伝えようとする姿勢は、言葉の壁を超え、相手にも伝わりますので、失敗を恐れず積極的に話すようにして下さい。
特に、新任総経理(責任者)として赴任するような場合は、新しく来る上司がどんな人なのか、スタッフも気にしています。積極的にこちらから話しかけることにより、その後の業務が進めやすくなっていきます。


(3)新しい人間関係を構築する


新しい場所では、新しい人間関係を築く力が必要になってきます。
現地に住む日本の方、現地の方との人間関係、どちらもバランス良く築いてかれることをお勧めします。
言語ができないならば、始めのうちは日本人コミュニティに顔を出されるのも良いと思います。日本人ならではの便利な情報を交換できたり、悩みを相談できます。
とはいえ、折角海外に出たのですから、日本人のコミュニティのみ参加では、世間が狭くなってしまい、海外に出て「視野を広げる」という事に悪影響も及ぼしかねません。
海外に出る=グローバルな視点を持つ という自分の成長の芽を自ら摘んでしまうことになります。
現地の人とも接点を持っておくと、現地の人しか知らないような、ローカルな場所に連れて行ってくれて面白い経験が出来たり、急なトラブルがあったときに力になってくれます。
また、現地の人の考え方を知るためにも、積極的に現地の人とも交流を深めるようにすると良いです。


(4)100%のパフォーマンスを期待せず、「できない自分」を責めない


決して手抜きで良いという意味では有りません。日本にいるときには想像もできないような問題が起こるのが海外です。例えば、120%の力を注いでも70%の結果しか生み出せない時もあり、歯がゆい思いをすることもよくあります。
あまり思いつめ過ぎず、「こんなこともある」「次に失敗しない為の良い勉強になった」等とポジティブに捉えるようにして下さい。
今の時点で出来なくてもかまいません。これからできるように努力、改善することを念頭に起き、行動してください。


海外に出ると、日本との違いが良くわかります。もしかしたら、日本の良い所、悪い所が良く分るのが、海外に出るメリットの一つなのかもしれません。
仕事は楽しんでやっている時が、一番良い結果が出るのではないかと思います。その仕事を海外で楽しんでするためにも、海外生活を楽しむ事も重要なのではないかと思います。
ただし、生活を楽しみすぎて、仕事に支障が出ないように気をつけてください。
私も多くの方を見させていただいておりますが、稀に逆転してしまう人が居られますので(苦笑)


最後になりますが、治安が日本に比べると海外は悪いことが多いのであくまでも、自分の安全は自分で守る必要があります。お気をつけください。


上海マイツでは、新任総経理や駐在員を対象にしたセミナーも実施しております。
興味のある方は、是非お気軽にご連絡ください。







マイツグループ/上海邁伊茲咨詢有限公司
住所 / 上海市徐匯区虹橋路1号 港匯中心1座25楼
TEL / (+86)021-6407-8585
FAX / (+86)021-6448-3589
URL / http://www.myts.co.jp


ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい