新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース

コンサルティングのガイド

2016.10.12
  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.32
  • 部下の心の掴み方について考える
  • 部下の心を掴むには、いろいろな方法があります。上司と部下とはいえ、結局は人間同士ですから、まず大前提となるのは、信頼関係がしっかりと出来上がっていることです。一生懸命コーチングのスキルを学んでも、この基礎が出来上がっていなければ思うような効果は出ません。ではどのようにすれば信頼関係を築くことができるのでしょうか。そのコミュニケーションをとる上でのポイントを2つ紹介します。

ビジネスガイド 池田 博明


皆様、こんにちは。マイツグループ上海事務所の池田博明です。
部下のモチベーションをうまく引き出しつつ、経営者(管理層)である自分の意図を正確に伝え、仕事を円滑に進めて行く。このようなコミュニケーション・スキルは管理者に求められるビジネススキルの一つです。


今回は部下の心の掴み方について考えたいと思います。


仕事上さまざまな方とお会いし、お話を伺う機会が有りますが、海外の現地法人に赴任になり、日本にいたときは技術畑、営業畑だったため、人の管理や教育には殆んど携わっていなかった方も多数いらっしゃいます。急にマネジメントを任されてもその方法が分らない…とお悩みになった事はありませんか?


部下の心を掴むには、いろいろな方法があります。


上司と部下とはいえ、結局は人間同士ですから、まず大前提となるのは、信頼関係がしっかりと出来上がっていることです。
一生懸命コーチングのスキルを学んでも、この基礎が出来上がっていなければ思うような効果は出ません。


信頼関係を築くのに、まず重要なのは「相手を知る事」です。
普段からコミュニケーションを積極的に取り相手がどんな性格をしているのか、価値観を持っているのか、仕事に対する考え方や、プライベートの趣味などについて知って理解する事で相手も心を開きますし、上司であるあなたに対して話しかけやすい環境が作れます。
そのコミュニケーションをとる上でのポイントを2つ紹介します。


(1)上司からアクションを起こす
歳の離れた新入社員であれば上司にどう話しかけるべきか躊躇してしまうこともあると思います。
海外などで国籍が違い、言葉が通じない社員であればなお更です。挨拶一つするにも緊張してしまいます。
そんなとき、上司が「挨拶は部下からするのがあたり前だ」という態度でいれば、部下は自分が無視されているかのように感じ、必要以上に萎縮して心を閉ざしてしまいます。
「挨拶は部下からするのがあたり前」というのもわかりますが、海外では小さなこだわりは捨て、出退社時には上司から積極的に声を掛けて、部下が上司とのコミュニケーションを受け入れるベースを作ってあげましょう。


(2)仕事以外の話をする
仕事以外の話「雑談」をすることで、部下との距離を縮める効果があります。
みなさんも社内外問わず、普段は仕事の話しかしなかった人と、ふとしたきっかけで雑談を交わすようになり、親しみが増した経験があることでしょう。


相手のことを知ろうとして色々なことを質問するのは効果的ですが、尋問のようにならないよう気をつけてください。
部下が話しやすい雰囲気を作るために、こちらから自分のこと(家族、友人、趣味、昔の仕事での失敗談など)を話すのも良いでしょう。
まだ20代の新入社員であれば、歳が離れた上司は共通点も少なく、近寄りがたい存在です。
仕事以外の顔を見せてくれることで、親近感を抱き、少しずつ本音を明かしてくれるようになるはずです。雑談をするのであれば、喫煙スペースや社内休憩室など、仕事場以外の場所がおすすめです。飲み会や社員旅行を利用しても良いでしょう。


コミュニケーションをしっかりとり、互いのことを知ることで信頼関係が築かれていきます。
組織図上の形式的な上司・部下の関係ではなく、部下の心を掴み、仕事を円滑かつ楽しく進めていきましょう。


マイツでは信頼関係を築くのに必要な「対話力」を強化する教育、研修も行っておりますので、是非お気軽にご相談下さい。







マイツグループ/上海邁伊茲咨詢有限公司
住所 / 上海市徐匯区虹橋路1号 港匯中心1座25楼
TEL / (+86)021-6407-8585
FAX / (+86)021-6448-3589
URL / http://www.myts.co.jp

 

ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい