新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース

法律事務所のガイド

2016.02.16
  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol21
  • 外資企業の株式譲渡におけるリスクマネジメント
  • このごろ、中国市場からの撤退に伴う株式譲渡に関する問い合わせが増えていますが、外資企業の株式譲渡と一般会社のそれとの違いを念頭にチェックポイントを上げます。

ビジネスガイド 殷 偉


このごろ、中国市場からの撤退に伴う株式譲渡に関する問い合わせが増えていますが、外資企業の株式譲渡と一般会社のそれとの違いを念頭にチェックポイントを上げます。


1.外資企業株式譲渡に関する審査要件及び法的リスク


「中外合弁経営企業法」、「中外合作経営企業法」及び「外資企業法」によれば、外資企業の株式を譲渡する場合、審査部門の許可を得なければなりません。また、合弁、合作の当事者が株式を第三者に譲渡する場合、他の当事方の同意を得なければなりません。
ところが、中国のパートナーが株式の譲渡を妨害しようと思う場合、株式先買い権を行使する、董事会で反対する、審査に必要な書類を提出しない等の方法を利用することができます。 実際当事務所で扱った事例では、中国のパートナーによる妨害で、外国出資者が第三者への譲渡を断念し、代わりに、割安の価格で中国のパートナーに譲渡せざるを得なくなりました。
もちろん、訴訟或いは仲裁を通じて解決する道もありますが、それでは、時間がかなりかかります。このため、中国のパートナーの同意を得ることが肝心です。そして、その意向を早めに把握しておけば、協力が望めないとわかれば、さっそく方向転換を決断します。


2.株式譲渡価格の確定及び関連リスク


株式の譲渡価格は双方が協議して決定できますが、次の場合においては、法が規制を敷いています。
1)国有株を譲渡する場合、譲渡価格は国有資産管理部門の許可を得る必要があります。
2)価格が外資企業の実際資産価値或いは評価価値と大幅にかけ離れた場合、審査部門は真実な価格でないとして、譲渡を許可せず、または長い時間をかけて審査する可能性があります。


3.株式譲渡契約に違反した場合の救済


譲受人が株式譲渡の対価を支払わない、譲渡人が株式譲渡の関連手続きに協力しないなど、譲渡契約に違反する事例はよく見られます。
実務上では、次のような対応を取っています。
1)株式譲渡契約が締結されたが、審査部門の許可を受けていない間は、未だ発効していません。その間、契約違反責任を主張できず、契約の履行或いは契約解除と損害賠償を請求するしかありません。
2)株式譲渡契約が許可を受けた後は、発効しています。この場合、契約違反があれば、契約違反責任を主張することが可能であり、履行請求もできます。しかし、契約違反の理由で契約を解除するかといえば、われわれの知る限りでは、通常裁判所がこのような請求を認めません。


したがって、譲受人として、契約が審査部門に許可される前にできるだけ支払わなければ、たいしたリスクがないはずです。譲渡人として、譲渡が許可された後に、逆にリスクが高くなります。なぜかというと、許可を受けた後、譲渡人は契約を解除することができず、相手方に支払いを請求するしかない為です。会社が他人の手に移ると、譲受人が会社の資産を移転することをどうやって防げますか。支払を受けないと実際の支配権を引渡さないなど、やはり事前にリスクを分析し対応策を工夫する必要があります。


外資企業の株式譲渡に関する問題が他にも多いです。興味があれば、今後その話を続けましょう。




上海リーグ法律事務所 上海里格律師事務所
住所 / 上海市茂名南路58号 オークラガーデンホテル上海6階
TEL / (021)5466-5477
FAX / (021)5466-5977
URL / http://www.a-zlf.com.cn

 

ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい