新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

ハンナ・アーレント 【上海の街角で 井上邦久】vol10 (読む時間:約2分) 2015.08.20


突然訪ねて来る古い友人が、この夏に携えてきたのは、中公新書『ハンナ・アーレント』でした。矢野久美子フェリス女学院教授の著作です。帯には「決定版評伝」とか「20世紀を代表する政治哲学者の生涯」という断定的な大文字が目を惹きます。内容は冷静な視点と克明な表現に満ちていて、好感を持ちました。


旧友はなぜこの夏にこの本を選んで、持参してくれたのか?と尋常ではない反応を示したことに、彼もしばらく訝っていました。そして、昨年初めに観たハンナ・アーレントの闘いの人生を描いた映画がとても良かったことを友人に伝えました。


新書と映画という限られた知見だけでしたが、反ユダヤ主義、ナチズム、スターリニズムそしてマッカーシズムについて色々と考えさせられる会話となりました。(映画については、http://www.jk-asia.net/ →ブログ→国際→「北京たより」→2014年1月『骨格』に印象記録を掲示して頂いています)


ハンナ・アーレントもその一人であるユダヤ人難民に関連して、杉原千畝に関する話題が増え、12月5日には映画『杉原千畝スギハラチウネ』(東宝 唐沢寿明主演)が封切られる運びです。戦後に外務省を離れて転職を繰り返す過程で、短い期間ではありましたが、川上貿易そして蝶理に在職されたご縁から、本社では映画へのご協力をさせて頂いています。8月17日には内部試写会に社内関係者も参加しています。


ところで上海では、ユダヤ人難民記念館周辺の動きがキナ臭くなってきたようです。ユネスコ「世界記憶遺産」への登録申請、舟山路から提籃橋にかけての地域でのユダヤテーマパーク化のような動きを反ファシスト勝利70周年に合わせての一過性のものとして捉えるか、観光資源化の商業主義と見過ごすか、難しいところです。最近の関連記事をご参照ください。


http://www.sankei.com/world/news/150809/wor1508090004-n1.html


8月14日から9月3日の間に挟まれたこの時期。


まず、「談話」を正しく理解しようと苦労しました。上記の中公新書によりハンナ・アーレントの大著『全体主義の起源』には、全体主義としてドイツ・ナチズムとともにソ連・スターリズムが取り上げられていることを知りました。9月3日の世界反ファシスト戦争勝利70周年という題目のカタカナ部分を全体主義として理解した場合、どの国どの政権を指すのか難解であり微妙だと思います。(了)


コラムニストの過去の記事も読む