新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

杉原千畝と上海 【上海の街角で 井上邦久】vol2 (読む時間:約3分半) 2014.12.15

戦前日本人が多く居た虹口地区に、ユダヤ人が集中して住む一角がありました。上海人が敬遠する提籃橋監獄から舟山路にかけてのブロックにユダヤ人が居住した痕跡が残り、シナゴーグ(ユダヤ教会)が記念館となり、小さな公園には日本軍占領下の収容所跡の記念碑があります。その二つのランドマークの間にはオーストリア風建築の住居があり、現在は上海人の集合住宅になっています。スカイラインを揃えた煉瓦作りの「高層建築」は欧州の香りを今に感じさせます。この街の人波のなかに、東洋人離れした顔立ちの長身を見かけることがありますが、少々先入観が勝ち過ぎかなと思ったりもします。


 上海の中心部、外灘と南京東路の角にそびえる和平飯店(Peace Hotel)は1971年に初訪中した時にも泊りましたが、当時の外国人向けに割り当てられた数少ないホテルでした。文革の波の中でも往年の重厚な雰囲気は保たれたままでした。そこは解放前、サッスーン家が遠東の拠点としたビルであり、ハートン家などと共にユダヤ系の繁栄を象徴するところであったようです。カイロ、カルカッタなどから上海に拠点を拡張したユダヤ人は20世紀初頭には800~1,000人。1930年代には5,000人の富裕勢力として、多くの文化事業や教育事業も行う余力を有し、不動産事業の中核に成長していたと、『The Jews in Shanghai(猶太人在上海)』潘光主編(上海画報出版社)などの書物に記録されています。


1930年代の末に、ナチスのユダヤ排除政策、列国の意図的な無関心方針で行き場を無くした欧州のユダヤ人が究極の選択をしたのが、当時世界唯一の自由港であった上海でした。南回りの欧州航路で避難したグループと、シベリア鉄道で日本海に出て上海に向かったグループの合計は、ほぼ3万人(その内,5,000人は上海経由ですぐに他国に移動)とされています。
その過程で、ユダヤ人に通過ビザを発給した杉原千畝(日本国在リトアニア/カウナス領事館領事)、そして何鳳山(中華民国在オーストリア/ウィーン総領事)への恩義を大として、記念館では大きな写真付きで顕彰しています。上述の書物などにも杉原氏の功績について記述されており、日本軍政下の収容所責任者であった合屋氏(ユダヤの王と自称していた由)の貧相な写真付きの批判的掲示とは対照的です。
先般、上海奈良県人会にお招き頂いた時にも、現下の中国で顕彰される数少ない日本人としての杉原千畝に、上海在住の我々は眼を向けていきましょうとお伝えしました。


 杉原千畝に関しては、昨年そのintelligence(「諜報」という訳の語感に馴染めませんが)の要素にライトを当てる研究書(『諜報の天才・杉原千畝』白石仁章 新潮選書)が出版され、日本人が外交音痴であるといった一般的な風潮に一石を投じる好例として取り上げられています。
一昨年の秋に、顔なじみになっていた記念館のボランティア女子大生から戦後の杉原氏について尋ねられ、外務省を辞したあとソ連貿易名門の川上貿易を経て、蝶理という商社で働いたことを伝えました。ところがその後、駐在仲間の方から「記念館の案内人が、戦後になって杉原氏は処刑されたと言うので訂正しておいた」と連絡を貰いました。
これは一大事なので、歴史を学ばないと中国人から言われる日本人が、僭越ながら中国人に歴史を学んで頂こうと、2008年に発行された『蝶理㈱設立60周年記念誌』をユダヤ記念館に持参し贈呈しました。この記念誌の70ページには、編纂責任者であった柳瀬役員自らが杉原千畝記念館(岐阜県加茂郡八百津町)まで取材した文章が掲載されています。モスクワ事務所長辞令(1969年12月付け命課通報)の写真も付されていますので、第一級かどうかは別にして、歴史資料に値するのではないでしょうか。


杉原氏についても、上海のユダヤ人に関することについても知らない事、分からない事が多くあります。当時の満州国を通過できた背景? 関東軍の思惑「フグ作戦」? ユダヤ人富裕層と避難民の扶助関係?などの諸点はともかくとして、先ずは当時の上海人からのユダヤ人や日本人への視点について調べ続けたいと思います。気楽なお喋りの対象にするテーマではないのでコツコツと学びたいと思います。


コラムニストの過去の記事も読む