新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

児島高徳と范蠡 【蘇州たより 工藤和直】vol.13 (読む時間:約2分半) 2015.02.05


中国春秋・戦国時代を飾る英雄として呉王夫差と忠臣伍子胥、越王勾践と忠臣范蠡の関係がよく言われる。この范蠡(Fan Li)の名を日本で有名にさせたのが、鎌倉御家人「児島高徳」である。元弘2年(1332年)、後醍醐天皇は、先の元弘の変に敗れ隠岐へ遠流となる。高徳は後醍醐天皇の奪還を画策するが、天皇一行は移動ルートを変え、急ぎ播磨・美作国境の杉坂まで追うものの、その時既に天皇一行は院庄(現在の岡山県津山市)付近へ達しており、完全な作戦ミスの前に高徳の軍勢は雲散霧消してしまった。


その際、高徳ただ一人が天皇の奪還を諦めず、夜になって院庄の天皇行在所・美作守護館の厳重な警備を潜り侵入する。やがて天皇宿舎付近へ迫るも、それまでの警備とは段違いな警護の前に天皇の奪還を断念、傍にあった桜の木へ「天莫空勾践 時非無范蠡」(天は春秋時代の越王・勾践に対するように、決して帝をお見捨てにはなりません。きっと范蠡の如き忠臣が現れ、必ずや帝をお助けする事でしょう)という漢詩を彫り書き入れ、その意志と共に天皇を勇気付けたという。


翌朝、この桜の木に彫られた漢詩を発見した兵士は何と書いてあるのか解せず、外が騒々しい為に何事かと仔細を聞いた後醍醐天皇のみ、この漢詩の意味が理解できたという。この時彫られた「天勾践を空しうすること莫れ、時に范蠡の無きにしも非ず」の言葉通り、翌年には名和長高ら名和一族の導きにより天皇は隠岐を脱出、伯耆国船上山において挙兵した。高徳も養父・範長とともに赴いて幕府軍と戦い戦功を挙げたとされるが、その論功行賞記録に高徳の名前が無い。それが「児島高徳」不在説の根拠とされている。


kudou13-03 kudou13-04


越王勾践は呉王夫差が自害した後江南の主となるが、その影には美女「西施」を敵将に送り込むなど画策した忠臣范蠡の努力を忘れてはいけない。又、越王勾践が囚われの身として呉国姑蘇台(霊岩山)中腹にある観音洞に入れられ、厩の雑用など奴隷に近い生活をする中(嘗胆をして遺恨を忘れず)、何かと世話をしたのが「范蠡」である。中国四大美女「西施」は生涯2度しか笑わなかったと言う。その一度が、囚われの越王勾践を観音洞窟に会いに来た時だと言われている。


范蠡は人生の達人であった。大きな名声の中にあって長い間、身の安全を保ち続けることはできないと判断、越王勾践が凱旋した数日後、范蠡とその一族は越を去った。負けた後に備え、感情をおさえ遠点を見て、遠回りも辞さない大局観は、呉の宰相であった「伍子胥」には見られない。この点で、范蠡は三国志の「諸葛孔明」に似ている。孔明が蜀王劉備とその子劉禅から絶大な信頼を得たのは、過ちと分かっても、いったんやらせ、失敗後に備えるという、深い気配りによっていた。


  范蠡は他国で姓名を「陶朱公」と変え、第二・第三の人生で成功したと言われるが、きっと美女「西施」と手と手を取って他国で暮らしたと筆者は書き加えたい。


コラムニストの過去の記事も読む