新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

長春市で営業している「横浜正金銀行」 【蘇州たより 工藤和直】Vol.54 (読む時間:約2分半) 2016.08.16

横浜正金銀行(Yokohama Specie Bank, Ltd.)は、かつて存在した日本の特殊銀行。明治時代、外国為替システムが未確立だった頃、日本の不利益軽減のため現金(正金)で貿易決済を行なうことを主な業務とし、横浜市中区に本店を置き、東京銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)の前身である。貿易金融・外国為替に特化した銀行であり、やがて列強の仲間に加わっていく日本を国際金融面で支え、香港上海銀行、チャータード・マーカンタイル銀行と並ぶ外国為替銀行へと発展して行った。第二次世界大戦においては日本の軍需に必要な外国通貨収集の為の機関とみなされ、敗戦後の1946年(昭和21年)にGHQの指令により解体・清算された。


ここに一枚の写真がある。長春市駅前から斜め左の勝利大街(旧日本橋通り)17号に横浜正金銀行のネームプレートを堂々と出して営業している長春(新京)支店である。1922年竣工(地上2階・地下1階、465坪)、最近まで雑技場として使われ、今は改装中である。1946年に解体された銀行が、どうして表札を隠さず70年間使われて来たか、実に不思議であるが、実に面白い。


kudou54-03


横浜正金銀行は1894年代(明治27年代)から1900年代にかけての日本の資本主義の確立期に、輸出の増大による正貨の吸収・清国賠償金の回収・外債発行や軍用切符の取扱い業務を担当、明治政府の財政・金融政策に対応した重要な役割を担った。正金銀行は設立当初から大蔵省の監督指導のもと、日本銀行との協力関係強化が図られた。1897年(明治30年)には日本銀行は正金銀行頭取に相馬永胤、副頭取に高橋是清(前日本銀行支店長)を推薦。1898年(明治31年)には、高橋は欧米での金融事情調査のためロンドンに出張したりしている。1899年(明治32年)3月、高橋是清は日本銀行副総裁に就任、日露戦争開戦の1904年(明治37年)2月24日に外債発行の大役を担い、秘書の深井英五をともなってロンドンに赴任、ロスチャイルド家・カッセル家・ベーリング兄弟商会・アメリカのクーンロエブ商会(代表:ヤコブシフ)などの大口引き受け者と軍事外債募集に成功した経緯がある。


中国では、日本政府は正金銀行に一覧払手形(鈔票)の発行と軍用切符の整理、満州各支店監督の任に当たらせ、元上海総領事の小田切万寿之助を顧問として採用している。中国で発行された「横浜正金銀行券」は中国大陸9店舗で発行され、中国でのみ使用可能な銀行券であった。正金銀行は中国内に21ヵ所あったとされるが、確認されるのは以下13ヶ所である。大連支店(1909年)・北京支店(1910年)・ハルビン支店(1912年)・青島支店(1919年)・漢口支店(1921年)・上海支店(1924年)・奉天支店(1925年)・天津支店(1926年)・新京(長春)支店(1922年)・牛荘(営口)支店・開原支店・広州支店・済南支店である(他に香港支店や旧満州支店がある)。天津支店は旧イギリス租界地であった解放北路80号にある。現在は中国銀行となっているが、上部の英語表示の下に、”YOKOHAMA SPECIE BANK” が、ぼんやり浮び上がって見える。まさにここが正金銀行であったことが分かる一例であろう。


参考文献:吉田茂が駐在した天津日本人租界地を訪ねて【蘇州たよりvol.30】
     新京(長春市)の街並み変遷【蘇州たよりvol.42】


kudou54-04


kudou54-05


コラムニストの過去の記事も読む