新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

太湖の南、「徳清県古橋群」を訪ねて 【蘇州たより 工藤和直】Vol.61 (読む時間:約2分半) 2016.11.22

徳清県は中華人民共和国浙江省湖州市に位置する県である。太湖に面する湖州市から国道25号線を南に30Km、杭州市からでは北へ25Kmの地点にある(地図参照)。武康鎮・新安鎮・新市鎮・雷甸鎮・乾元鎮・莫干山鎮などが含まれる。徳清県武康鎮には防風山・獅子山・虎山・塔山・西茅山・銅官山などの山々があり、そこから石橋に最適な凝灰岩が産出、“武康石”と呼ばれた。この徳清県の山からとれる耐久性の高い武康石は、白色の中に紫が輝くので、重宝された。武康石の名前は宋代文献に記載され、その産地名から、“湖州武康石”と呼ばれた。


武康石は火山噴出岩に属する凝灰岩で、それの性質は適度の硬度(耐摩耗性)を有し、自然状態では藤色あるいはきつね色(黄色)を呈し、表面は風雨を経過浸食すると酸化して美しい紫となる。古代から紫は高貴の象徴で、人々はこの石を“武康の紫石”と称した。現在でも、大型の建築資材や芸術的デザイン石として使わる。武康石は適度な吸水性を備え、湿潤な岩体は古風で質朴でかつ美しい。武康石は砂岩であるので平加工ができ、表面は渋気性を備え、雨に濡れても滑ることがなく、石橋や街路石の材料となった。


凝灰岩は、火山から噴出された火山灰が地上や水中に堆積してできた岩石。成分が火山由来であるが、生成条件から堆積岩(火山砕屑岩)に分類される。典型的な凝灰岩は数ミリ以下の細かい火山灰が固まったもので、白色・灰色・暗緑色・暗青色・赤色・薄紫色と様々な色がある。塊状で割れ方に方向性はない。凝灰岩は層状構造(層理)を持たないことも多いが、大規模な噴煙から降下した場合や水中でゆっくり堆積した場合は層状をなすこともある。細かい細工には不都合だが、塊状や切石の形で用いられる。


特に宋の王都開封の皇族がこの湖州武康石を好んで多く使った結果、品不足となり、元代以降は太湖産の青石(どちらかと言えば黒褐色)や花崗岩(白石)が主となった。その後、同じく品不足となると清時代以降は武康黄石(黄褐色)が使われた。


この何も無い田舎の徳清県に宋・元代の古石橋が多く点在し、国保級(全国重点文物保護単位)が七つ、省保級が五つもある(表1)。中華人民共和国が指定する全国重点文物保護単位(全国重点文物保护单位)とは、中華人民共和国の文化遺産保護制度の一つ。中華人民共和国国務院が制定した文化遺産保護制度のうち、国家級の文化遺産に対して制定される名称で、現在4296件がリストされている。蘇州市で国保級の橋は、同里の思本橋、呉江の東廟橋、呉中の宝帯橋の3つであると思えば、この狭い場所に七つもあることに驚きを覚える。その最大の特徴は、地元産とは言え貴重な“武康紫石”をふんだんに使っていることである。是非とも国道25号線沿いに展開する国宝級の古橋を訪問することをお薦めする。筆者いち押し推薦の橋は「寿昌橋」である。


kudou61-03


kudou61-04


コラムニストの過去の記事も読む