新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

青島の歴史概略 【青島たより 工藤和直】Vol.63 (読む時間:約5分) 2016.12.25

「ドイツがつき 日本がこねし 青島餅 汗と涙は中国人民」 青島の歴史は1897年11月14日ドイツ海軍陸戦隊が上陸してから始まった。来年で120年となる。この日の早朝、ドイツ海軍陸戦隊720名の将兵は演習するとの名目で、清の同意を得ないまま膠州湾に強行上陸した。青島はその後、ドイツの15年間、日本が二度にわたり実効支配した30年間、戦後の一時的なアメリカの5年間、その後70年間の新中国と、合計120年間の歴史がある。ドイツが上陸する前、天后宮の付近に上・下青島村の2村があった。僅か300戸余の人家であった。


村の背後には、風台嶺(現青島山)と大石頭山(現信号山)があり、全体として傾斜地であった。山々の間に河が流れており、その下流は青島湾に流れ込んでいた。この河は青島河と呼ばれ、上・下青島村はこの河の両岸にあった。また、湾の南にあった「小青島」の存在によって、青島湾は強い風波を和らげてくれる所から、この湾は古くから漁民にとって漁船を係留するのに格好の地であった。「青島」の地名は、この村と島の名前から生まれた。正式に「青島」と呼ばれるまで、この地区は膠澳(Jiao Ao)と呼ばれていた。


1898年3月に清独条約が結ばれ膠州湾一帯を99年間、清国から租借することとなった。ドイツはこれより30年も前から膠州湾地区を地理的・軍事的に調査していた。この条約締結後直ちに「青島をドイツ東洋艦隊の母港とすると共に、青島が本国にとって経済・貿易の面で貢献し、かつ健康的で快適、模範的な植民地を建設すること」を方針とし青島建設に入った。またドイツ政府は、1898年、十分な港湾設備も備わっていない青島を自由貿易都市として宣言した。1898年、ドイツ海軍大臣ティルビッツは青島の最高責任者としてクルト・ローゼンダールを初代総督に任命した。青島租借地は海軍省の管轄となった。ローゼンダールの職務はドイツ東洋艦隊母港の建設と軍艦燃料用石炭と水の確保、要塞の構築、植民地貿易都市の建設であった。しかし着任後、彼が当面した最大の課題は約2000人に及ぶドイツ将兵及び建設に従事するドイツ民間人の宿舎と食料の確保であった。そのために、目標を追加し、生活インフラ(電気・水)の整備・生活住宅の建築に没頭することになった。あわせて、軍艦用石炭の確保のために急ぎ膠済鉄道430kmを構築したのであった。


1914年第一次世界大戦の勃発により、日本は連合国側として参戦、青島を火事場泥棒的に攻撃し租借した。日本の目的は明らかであり、朝鮮半島に続く遼東半島の租借、そこに最も近い山東半島を狙うのは明らかであり、絶好のタイミングで青島に展開するドイツ租借地をうまく略奪することが出来た。当時の日本の狙いは中国内陸部であり、大連から延びる南満州と山東半島から伸びる中国内陸は是非とも確保したい地域であった。山東には石炭・鉄鉱石と軍事上に必要な鉱物の存在もあった。その後の理不尽な対華21ヶ条に見るように狙いは中国大陸内部へ進出する突破口としての青島要塞攻撃であったといえる。


ドイツの統治は15年間であったが、元々の構想は青島湾から大港にかけて広大な地区に模範的植民地を作り上げる計画であった。ドイツは青島駅から小魚山までの東西2kmと桟橋から北は中山路と徳県路が交わる1kmを青島区として、ドイツ人・欧米人居住区として開拓した。その北の山東路(静岡町)から市場三路が堂邑路と交わるまでを大鮑島区として、中国人富裕層の居住区とした。一般中国人は青島市街から離れた台東鎮や台西鎮に住まわせた。このわずか15年間に構築したインフラ関係は、その後の日本の統治でも有効に作用した。これが、日本が商工業の発展にのみ没頭できた要因となったと言えよう。ドイツが15年間に商工業施設として残したのは「青島麦酒」くらいであったが、その後日本は、大鮑島区の山東路(静岡町)から堂邑路(所沢町)・館陶路(葉桜町)への銀行・商社・取引所などを建設、台東地区へは豊富な水資源があったため、日清紡・鐘紡・豊田紡織などの繊維工業施設の建設などが行われ、これが現在の青島の発展に寄与した。ドイツは要塞軍事貿易都市を作り、日本が商工業貿易都市にした。すなわちドイツがついた餅をこねて黄粉をかけて食べられるように仕上げたのが日本であった。もちろん、「こねてついた」のは中国人民であり、そもそも数百人程しか居ない地域に数十万の労働者を山東省ならびに周囲の省から半ば強制的に連れて来て安い賃金で労働させた責任は、ドイツ・日本にあるのも疑えない事実である。


青島が外国の租借・占領あるいは外国の影響下にあった期間は1897年(明治30年)から1946年(昭和21年)4月までの50年であった。1914年まではドイツによる15年、日本は1922年ワシントン条約に基づき、青島に対して有していた租借権を中国にいったん返還したものの、中国政府との細目協定により、日本は青島及び山東省に対し相当の権益を保有し続けた。青島及び山東省内において、この協定権益の下、日本の民間資本による経済活動が活発に行われた30年であった。現在の青島の状況は、ドイツ建屋は維持、日本建屋は解体にある。中国人にとって、ドイツ建屋は近代化の象徴であるが、日本建屋(特に宗教施設など)は帝国主義の象徴であるからだ。下表に青島の歴史を一覧表にした。1897年にドイツ海軍陸戦隊が上陸して、1946年(昭和21年)4月20日に在留日本人が引き揚げるまでの50年間の年表である。


最後に山東省の有名人を調べて見た。山東省の歴史は5000年前の大汶口文化で始まり、精美な石器や骨製道具および文字の濫觴が確認され、4000年前の龍山文化では金属製品と「蛋殻陶」(卵殻の薄さの黒陶器)が発見されている。また城子崖古城と日照両城鎮遺跡は中国でもっとも古い古城遺跡だ。山東省は多くの歴史的有名人のふるさとである。思想家であり教育者であった孔子、思想家の孟子・荘子・荀子、政治家の管子・晏嬰・諸葛亮・房玄齢・劉嬰、軍事家の孫武・呉起・孫臏・戚継光、科学者や発明家の扁鵲・魯班・氾勝之・賈思勰・劉洪・王楨・何承天・燕粛、文学者や芸術家の王羲之・劉勰・顔真卿・李清照・辛弃疾・張択端・張養浩・孔尚任・蒲松齢などその数は星の如く数えきれない。特に春秋から前漢までの先賢達の思想と業績は史書に記載され、中国伝統文化を構成、今も深遠なる影響を与えている。近代文壇の季羡林、臧克家、任継愈、賀敬之、喬羽、莫言、梁暁声、劉大為などの著名作家はみな山東省出身で、中華文化に大きく寄与している。しかし、個人的には、広州空港に巨大な写真が掲載されている煙台市出身女優「范冰冰」の印象の方が強い。又、諸城出身の毛沢東第四夫人「江青」も山東人である。(参考文献:青島物語)


【あとがき】
筆者はこの7月より12年住み慣れた蘇州から、山東省青島市に引越した。蘇州は春秋時代「呉国」から2500年の歴史のある城郭都市であるが、山東省は更に350年も古い「斉国」がある。しかも黄河文明龍山文化から5000年の歴史があり、城郭都市としては夏・商(殷)以降4000年がある。そして、青島には日本租借時代の約100年もある。しばらくはこの山東省を舞台に歴史の旅を続けようと思う。


kudou63-03


コラムニストの過去の記事も読む