新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

メーカーのリーダー 全てを見る

2016.09.07
  • 中国市場で堅調に成長するぺんてるの戦略とは
  • ぺんてる(上海) 董事長 総経理
  • 服部 泰久
中国に進出する日系企業は多いが、中には中国市場で苦境に陥っているメーカーも少なくない。だがぺんてるはその中にあって、右肩上がりの成長を続けてきた企業だ。文房具市場は敵の少ない市場ではない。むしろ比較的気軽に参入できる市場であり、ライバルは多い。なぜその市場で成長を続けることができたのか。外国製品が真似できないほど廉価な製品が氾濫する市場で服部氏がとった戦略とは。
  • 派通文化用品(上海)有限公司
  • 住所 / 上海市新華路543号新華大廈1号楼4楼H座
  • TEL / (021)6294-2251   FAX / (021)6294-2267
  • URL / www.pentel.com.cn

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。


■ 世界での評判が中国市場で活きる


世界で有名な文房具といえば、ドイツと日本のものが上げられる。中国でもそれは知られており、日系メーカーの商品のみを扱っている問屋も増加しつつある。だが、はじめは「そんなに高い文房具など取り扱わない」と言い張る問屋も多かった。それが変わってきたのは、次第に日本製文房具の良さが伝わったこと、安い国内産を売るよりも付加価値があって高い日系メーカーのものを取り扱う方が実入りが良いということが理解されてきてからだ。また、距離的な近さもある。更に日本旅行をした人が日本の文房具に触れ、口コミで日本の文具が安心安全で高機能だということが広がっていったこともあるだろう。
ぺんてるが中国市場で販売しているのはボールペン、クレヨンなどの筆記具で、その中核はシャープペンシル、消しゴム、シャープペンシルの替芯の3つだ。中国でシャープペンシルはそれほどメジャーな筆記用具ではない。だから中国メーカーによる生産も多くはなくライバルが少ない。それにもともと日本でもぺんてるはこの3つの製品に強い。だからその強みを中国戦略のベースとしたのだ。今では中国の問屋にも「ぺんてるといえばシャープペンシル、消しゴム」という印象ができている。


■ 安いものではなく、高くていいものが求められている


日本では文房具の人気は高く、そのため目も肥えている。だから外観だけではなく、新しい機能もなければ売れない。では中国ではどうかというと、中国では高付加価値のものが欲しいという層が多い。世界の大多数の国では「同じ価格でもっといいもの」が求められているが、中国やタイなどの上昇傾向にある国では「もっと高くてもいいからいいものはないのか」となっている。商品を飾ったり、パッケージを豪華したり、少しでもよく見えたほうが売れるというのが現在の中国の傾向だと服部氏は考えている。
中国に商品を販売する場合に、現地の価格に近いものと高付加価値の高価なもの、どちらを販売するかという選択がある。服部氏はこの場合、高付加価値で高価なものを選ぶ。これはこれまでの販売実績からでた結論だ。
文房具は大人ももちろん使うが、子どもに与えられることが多い。実際に新学期前には売上が伸びている。一人っ子政策は終わったが、まだ1人の子どもにかける父母、その各両親の「6つの財布」は健在だ。他の国よりも子どもに対するお金の掛け方は異なっている。
ぺんてるは世界中に工場を持っており、様々なエリアの工場から仕入れることができるが、中国で販売されているぺんてるの商品の50%は日本製だ。天津に工場をもっているため、そこで製造した廉価版も販売している。だがこちらは年々販売数が落ちている。同じメーカーでも少し安いメイドインチャイナより、少し高いメイドインジャパンが選ばれているのだ。
車や家電のように高額なものであれば、収入に合わせたものを購入するようになる。だが文房具はそれほど高価なものではなく、「ちょっといいもの」を誰でも手にできるような価格帯のものだ。中国には高いもの=いいものという価値観があるため、ちょっとした価格差ならば高い方を買おうという意識が働く。


「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい