新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
株式会社TOHOKI
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • JBSコラム Vol.3

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • JBSコラム Vol.3

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • 知的財産権の取得・侵害対策、企業内不正対応を中心に、中国での企業活動をワンストップで支援。

  • 上海リーグ法律事務所 コラム vol2

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 会計税務、人事労務、法務、健康、教育等、会社の進出から撤退までをワンストップで支援。

  • リスク管理領域を中心に日系企業の中国事業を支援させて頂きます。

メーカーのリーダー 全てを見る

2016.09.07
  • 急激な成長は必要ない、トヨタも学ぶ年輪経営
  • 伊那食品工業 取締役会長
  • 塚越 寛
伊那食品工業は長野県にある国内シェア80%にも上る寒天メーカーだ。「いい会社をつくりましょう」という社是を掲げ、着実な成長を続けるこの伊那食品工業には、トヨタを始めとする名だたる企業の幹部が足を運び、経営を学ぶのだという。この会社の何を彼らは学びに来ているのだろうか。伊那食品工業の会長である塚越氏にお話をうかがった。
  • 伊那食品工業株式会社
  • 住所 / 長野県伊那市西春近
  • TEL / (0265)78-1121   FAX / (0265)78-3966(×6803)
  • URL / www.kantenpp.co.jp

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。


■ 「いい会社をつくりましょう」


伊那食品工業の社是は「いい会社をつくりましょう」という簡素でわかりやすいものだ。「いい会社」とはどのような会社のことを言うのだろうか。伊那食品工業の「社是カード」にはこう説明されている。「単に経営上の数字が良いというだけでなく、会社をとりまく総ての人々が、日常会話の中で『いい会社だね』といってくださるような会社のことです。『いい会社』は自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。そこに、『いい会社』をつくる真の意味があるのです」。業績ではなく、「会社をとりまく総ての人々」である従業員、取引先、地域などにとっての「いい会社」こそが「いい会社」の定義となる。
塚越氏は成長を数字で計ることをしない。成長は売上とイコールではないのだと語る。ではここで言う「成長」とは何かというと、それは「社員ひとりひとりの人間的成長の総和がその会社の成長」なのだという。社員一人ひとりが人間的に成長していれば、事業が下り坂になるはずがない。例えば経営者が人間的に成長していれば、会社の状況に応じてどんな対処をすればよいのかがわかるようにもなるだろう。


■ 急激な業績向上は喜ぶべきことではない


たとえ業績が上向いていたとしても、それが喜ぶべきことかどうかを考える必要があるとも言う。その業績の伸びが自分の力であれば良いが、一時の景気やブームなどの外的要因によるものである可能性もあるからだ。「他力本願の成長を自分の力だと勘違いするのが、経営者にとって一番危険なこと」と塚越氏は警告する。
伊那食品工業も一度、寒天ブームに乗って業績が急激に伸びたことがある。2005年のことだ。勢いに乗って設備投資もしたが、これは経営者として良くない行動だったと塚越氏は当時のことを振り返る。成長がブームによるものか、或いは会社の力によるものなのかを見極めることは、人間的に成長することでもある。ブームに乗ってしまった時も塚越氏は自分の力によるものではない成長であることを認識していたために、大きな被害を受けずに済んだのだと語る。
自らの力で着実に成長するために必要なのが、研究開発だ。研究開発というとメーカーだけのように思われるかもしれないが、そうではない。研究開発とは将来を見据えるために行うものだ。いまの事業が今後どのように進むのか、30年後には残っているのか、或いはどのように変化するのか、それを研究して手を打たねばならない。メーカーならば製品の研究開発であるだろうし、そうでなければ業態の開発などとなるだろう。将来も安定して成長していけるための投資として、伊那食品工業では研究開発に社員の10%を当てている。
大切なのは急成長ではなく、安定した成長を続けていくことだ。安定した成長をもたらす経営を塚越氏は「年輪経営」と名づけている。何千年も生きる屋久杉の年輪は非常に細かい。急激に成長してしまえば幹に弱い部分ができてしまうが、屋久杉のように少しずつ年輪を重ねていくことで木は堅牢に成長し、長寿となるのだ。


「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい